ベラジョンカジノの出金が誰でも簡単にできるアイウォレット!魅力を徹底解説

verajohn-casino 【初心者】ベラジョンの始め方

アイウォレットは、ベラジョンカジノの出金に便利な電子決済サービスです。
スピーディでシンプルで安全なので、誰でも安心して使えます。
ベラジョンカジノの出金方法として、スムーズにご利用ができます。

カジノーマン
カジノーマン
アイウォレットは、どのような部分がベラジョンカジノの出金に適しているのか、出金方法や魅力などをわかりやすくご紹介いたします。

アイウォレットがベラジョンカジノの出金に適しているポイント

あいうがベラジョンカジノの出金におすすめできるポイントは、以下が挙げられます。

出金の流れが把握しやすい

最大の魅力は、出金の際の流れが一目でわかることです。
どのくらいの金額が出金となっているのかなど、まとめて見ることができます。
そのため、資金管理が簡単にできます。

しっかりとしたセキュリティ

アイウォレットは、安全に運営されている電子決済サービスです。
プラットフォームは、最先端ファイアーウォールシステム採用と業界標準のSSL暗号化技術が搭載されています。
不正アクセスの防止やデータの盗難から、完全に保護されています。
香港政府発行のライセンスMSOも取得しているので、とても安心な電子決済サービスです。

安心の日本語対応

海外の電子決済サービスですが、日本語対応となっています。
サポートも日本語対応となっており、日本語でやり取りができます。

アイウォレットの出金方法

アイウォレットの出金方法は、以下の2つの手順が必要です。

ベラジョンカジノからアイウォレットに出金をする

以下の手順で、ベラジョンカジノからアイウォレットに出金します。

  1. ログインしてトップメニューの中の「マイカジノ」をクリック
  2. 「出金」をクリック
  3. 出金方法の中から「アイウォレット」を選択
  4. 「出金する」画面となり、出金金額、アイウォレットアカウント番号を選択後、「出金する」をクリック

これで、ベラジョンカジノの出金したい金額が、アイウォレットに移動しました。

アイウォレットから銀行口座へ出金をする

ここからは、アイウォレットの中に移動したお金を銀行口座に出金する手続きとなります。
アイウォレットには口座へ出金方法が様々ありますが、ここでは「収納代行サービス(日本)」の出金手順をご紹介します。

  1. 「出金申請」をクリックし「収納代行サービス」を選択
  2. アイウォレットにログインし、左のメニューの中から「出金申請」若しくは「口座から銀行へ出金する」をクリック
  3. 出金手段の中の「収納代行サービス(日本)をクリック
  4. 出金先の銀行情報を入力し、「確認画面」をクリック
    (1度出金したことがある銀行の場合、過去の送金履歴から選択可能)
  5. 出金金額とアイウォレットアカウント番号を入力し、出金申請の内容に誤りがない場合「利用規約に同意する」にチェックを入れます
  6. 「上記内容で出金申請」をクリックすると、2段階認証の確認メールが送信
  7. 届いたメールに記載ある「確認コード」を入力し「確認」をクリック

これで、出金の操作は完了です。
出金までは、約3営業日以内かかります。
土日を挟んだ場合、もっと日数がかかってしまいます。

エグゼクティブ会員とは

アイウォレットには、スタンダード会員とエクゼクティブ会員の2つの会員登録方法があります。

スタンダード会員は、国際銀行振込入出金(上限1,000ドル)送金サービス(上限1,000ドル)とサービス内容に制限かかかっています。

エグゼクティブ会員は、アイウォレットのサービスを全て使えることができます。
出金の際の上限金額が無くなるので、格段に使いやすくなります。

また、エグゼクティブ会員はアイウォレットカードの作成が可能となり、クレジットカードでの入金が可能となります。
利便性が上がり、手数料も抑えることができるので、ご利用すべきランクとなります。

ベラジョンカジノでアイウォレットを使うなら、エグゼクティブ会員へのランクアップは欠かせません。

ベラジョンカジノからアイウォレットに出金する際の疑問

アイウォレットを使ったことがない方は、アイウォレットを使って出金する際に不安に思うかもしれません。
ベラジョンカジノからアイウォレットへ出金する際の疑問を、いくつかご紹介いたします。

・口座開設にはお金がかかるのか

アイウォレットの新規口座開設には、費用は一切かかりません。
本人確認の書類の提出もなく、スムーズに使い始めることができます。

・出金手数料がかかるのか

アイウォレットは便利な電子決済サービスですが、出金の際にはデメリットもあります。
それは、出金時の手数料がドル35~0.5%+加算される手数料がかかることです。
手数料は安く抑えるためには、できるだけ上限金額に近い金額で出金をすることをおすすめします。
出金の回数を少なくすることで、手数料を最小限に抑えることができます。

・維持費はかかるのか

口座を維持していれば維持費はかかりませんが、休眠口座となってしまった場合は年間$20の手数料がかかります。
また、口座閉鎖の際には、$5かかります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました