ベラジョンカジノのポーカー徹底調査!本場カジノ並みに遊べる魅力をご紹介!

verajohn-casino 【初心者】ベラジョンの始め方

ベラジョンカジノで遊べるポーカーは、数多くあります。
まるで本場のカジノで遊んでいるような、ベットリミットの体験ができます。

ベラジョンカジノにはどのようなポーカーがあるのか、楽しむ方法など魅力を知ってプレイしてみませんか。

カジノーマン
カジノーマン
ベラジョンカジノのポーカーのオススメゲームや知っておくべきポイントなど、わかりやすく解説していきます。

ベラジョンカジノのポーカーは2つの種類がある

ベラジョンカジノのポーカーは、大きく分けて以下の2つの種類があります。

・ライブカジノポーカー

ライブカジノで楽しむことができるので、臨場感あふれるポーカーを楽しむことができます。
自宅でゲームをしているとは思えない、本格的なポーカーです。
プレイヤー同士の駆け引きがないので、初心者でも安心してプレイができます。

・テーブルゲームポーカー

テーブルゲームで楽しむポーカーであり、一般的なゲームの感覚で楽しむことができます。
自分のタイミングで遊べるので、自分のペースでチャレンジしたい方におすすめです。
ベラジョンカジノのテーブルゲームは、無料で遊ぶこともできます。
無料でテーブルゲームポーカーを楽しんでから、入金して遊ぶのも良いでしょう。

同じポーカーでも、ライブカジノポーカーとテーブルゲームポーカーでは、雰囲気が全く違うポーカーゲームとなります。
好みのポーカーシステムを選んで、楽しくプレイしましょう。

ベラジョンカジノで遊ぶことができるライブポーカー

ベラジョンカジノのライブカジノは、全部で3種類です。
おすすめのポーカーは、TEXAS HOLD’EM(テキサスホールデム)です。

ポーカーの中でも頭を使うゲームであり、世界中にファンが多くいます。
TEXAS HOLD’EMだけで生計を立てている人がいるほど、やりがいがある人気のポーカーです。

ライブカジノなので、ディーラーとのヘッズアップ勝負となり運要素は強めとなります。
資金管理をしっかりとして勝負できるタイミングに引かないことで、稼ぐチャンスが多くなります。

ベラジョンカジノで遊ぶことができるテーブルポーカー

ベラジョンカジノのテーブルポーカーは、全部で11種類です。
おすすめのポーカーは、Caribbean Poker Proです。

ジャックポット機能があり、ジャックポットへ挑戦するためにベットしてプレイヤーが勝利することによって追加の配当を得ることができます。
配当は、高い役であるほど高くなります。

高い役はなかなか出ないと思うかもしれませんが、意外と高い役が出ることは珍しくありません。
そのため、高い役でブラックジャックにチャレンジすることができるので、プレイする価値は十分にあるゲームです。

オンラインカジノのポーカーの基本ルール

オンラインカジノのポーカーの基本ルールを把握して、楽しくポーカーをプレイしてみましょう。

ポーカーの参加人数は、基本的に2~10人です。
どの人数の場合も目的は同じであり、5枚のカードの中で強い役を作っていきます。
場合によっては、3枚もしくは7枚でプレイする場合もあります。

カードの強さはAが最強であり、2が最も弱いカードです。

カードを全員に5枚配り終わったら、親の左のプレイヤーからビットかパスを選択します。
パスは、チップはそのままの状態で次のプレイヤーに順番を回す意味です。
ビットは、チップが1枚追加となります。

ビットが発言された場合、次のプレイヤーは以下の3つの中から選択しないといけません。

  • コール(前のプレイヤーと同じチップを出す)
  • レイズ(前のプレイヤーよりも多くチップを出す)
  • フォールド(これまで出したチップを捨ててゲームを降りる)

レイズをしたプレイヤーからレイズ発言が誰からもない場合は、カードの交換に移ります。

強い手段を揃えることが可能であり、好きな枚数のカードを捨てることにより同じ枚数を山札から引くことができます。

全てのプレイヤーがカードの交換を終了した後、1週目と同じ流れを繰り返しチップの増加や降りを選んでいきます。
その後、すべてのプレイヤーは手札を公開して、勝敗を決定します。

役から考えたポーカーの攻略法

ポーカーは、どれくらいの確立により役が揃うのでしょうか。
役と出現率を、ご紹介します。

ロイヤルストレートフラッシュ 出現確率0.00015%
ストレートフラッシュ 出現確率0.00139%
フォーカード 出現確率0.024%
フルハウス 出現確率0.144%
フラッシュ 出現確率0.197%
ストレート 出現確率0.392%
スリーカード 出現確率2.11%
ツーペア 出現確率4.75%
ワンペア 出現確率42.25%
ハイカード 出現確率50%

これらの出現確率をチェックすると、ハイカードは50%の確率となることがわかります。
ハイカードの場合、勝ち目がないと思ってゲームから降りてしまう人もいますが、もったいないです。

基本的には、絵札が来た場合勝負してよいといえます。
ハイカード同士の対決により、勝利ができる可能性があります。
ハイカード対決で引き分けの場合、2番目に数字の高いカードで決着となるので、2番目に高い数字が6以下の場合はフォールド選択肢が良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました